豆知識

ローションパックの正しいやり方

皆さま、こんにちは!
乾燥が気になる季節になりましたね(*_*;
乾燥は様々な肌トラブルの原因になりますし、若々しいお肌のために潤いは何より大切!!
そこで、大事なのはとにかく保湿!
私は週2回のフェイシャルパックでスペシャルケアをするようにしています。
しかし、コスト面も気になるところなので、日々のケアはローションパックをおすすめします。

すでにご存知かと思いますが、改めてローションパックのやり方をおさらいしましょう!

①コットンを水に含ませて、手ではさみながら軽く水気を切る
②湿らせたコットンにまんべんなく化粧水を染み込ませる(目安は500円玉大)
③化粧水を含ませたコットンを縦に沿って裂き、3枚にする
④目元、鼻・口元、あご部分にコットンを乗せる(目元と鼻・口元には空気穴を)
濡れたコットンは横に伸びるので、自分の顔に合わせながら貼るのがポイント
⑤両手で顔全体を押さえるようにしてから、約3分間パックする

以上が、カリスマ美容家である佐伯チズさんが推奨しているローションパックのやり方です。
化粧水を含ませる前に水で濡らすのが大切だそうです。できる限り毎日続けてほしいので、
水道水でOKだとか。
また、コットンを顔に乗せる時間は3分目安で、長く置きすぎないのも重要です。
長く置きすぎると、逆に乾燥してしまうので時間は守ってくださいね。

気軽に行え、毎日続けやすいローションパックで、
乾燥シーズンも潤った肌で過ごしましょう(*^-^*)

社長ブログ

  1. カンボジアの市中感染

  2. カンボジア通信 3月2日版

  3. カンボジア通信 2月27日版

コラムカテゴリー

アーカイブ

月を選択してください