Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/yellowgoat2/www/ilbrille.info/wp-content/themes/noel_tcd072/functions/menu.php on line 136

カンボジア通信 10月9日版

カンボジア通信

 

10月9日

 

 

プノンペン都内のゴミ回収

従業員がストライキ

 

 

 カンボジアの首都プノンペンで、都内のゴミ収集を担っているシントリ社の従業員2000人以上が、

10月2日からストライキを続けている。

 

 

  プノンペンの街には、回収されないままのゴミが積み上がり、一部では車両の通行を妨げるほどになり、

あたりには異臭がただよっている。

 

 

  プノンペンポスト紙によると、従業員側は会社側に、年功補償の支払いや有給休暇などを求めている。

また、今回のストライキの背景には、「シントリ社に倒産の恐れがあり、プノンペン都も別のゴミ回収会社を選定する予定だ。

現在の従業員たちは職を失う」という情報が流れ、従業員たちが一気に不安に陥ったことがあるという。

 

 

  10月7日にはシントリ社、プノンペン都の話し合いが行われ、一部の従業員が和解案を受け入れた。

しかし従業員たちは「一枚岩」ではないうえに会社や行政側への不信感は根深く、和解を受け入れない従業員もいた。

その結果、多くが10月10日現在もストライキを続けている。

 

 

  一方で都内のゴミ回収を進めるため、プノンペン都や都内各地区は、独自に車両やバイクを用意、人員の雇用も始めた。

プノンペンポスト紙によると、ポーセンチェイ区では一日11ドルの報酬で約90人を雇用。

ダウンペン区では5ドルと2回の食事支給で105人を雇用したという。また、

住民たちにも道路にゴミ袋を置かないなど協力を求めている。


関連記事

この記事へのコメントはありません。

社長ブログ

  1. カンボジアの市中感染

  2. カンボジア通信 3月2日版

  3. カンボジア通信 2月27日版

アーカイブ

月を選択してください