ワールドカップとビジネス

何処かで行けると思ってた。

そんな空気だったし。

綺麗な形で先制点とれたし。

その後、実力通りの猛攻を受けた。見たく無くなる人も多かっただろう。いつもそういう時、逃げてこられたから。

気持ちの切り替えが難しい。

気温が暑い。

湿度が高い。

ギリシャ選手のホテルがショボい。

雨が降ると不利。

「そうでしょうよ」

でもね、FIFAランク46位の1番へっぽこなんですよ。

だから普通なんです。

ビジネス的に考えると、

事実は日本は挑戦者なんです。予選リーグ敗退が普通です。

空気を変えようとしても無理。あたり前の事を普通にやったから普通の結果がきただけ。

決勝トーナメント進出はイレギュラーな事。

イレギュラーを起こすためには普通な事して行けるわけが無い。

挑戦者やから10000%ださな勝たれへん。

こう脳みそのてっぺんから蒸気がポーーーって吹き出す感じでテンション上げまくって、いきまくってサッカーズハイにならなあかん。

ここまで来て、色んな有利な(気持ち的に)情報を探し、いけると言うような報道にはヘドが出る。一貫してるね。視聴率、スポンサーの問題かな。セルジオ越後さんはあまり出してもらえない。ラモスさんがギリギリだっただろう。

日本人らしい。。。

選手は見てないだろうが、ネットも含めて報道はシャットアウトしていて欲しい。1流選手が集まってるが、世界的には最下位のチーム。それを本人達はわかってるはず。

これは激しく自分にも言い聞かす。海外にチャレンジして、目標を高く、大風呂敷を広げて信じてついて来てくれる仲間がいる。ものすごく頑張ってくれている。絶対に負けられない。

大きな大きな不安に潰されそうになる時、小さないい話にばかり目を向けて安心を欲しがる。それで終われば良いけど、調子に乗って自分の身の程を忘れる。


小さな成功は自分を勇気づける。

でもそれはイレギュラーの積み重ねである事を忘れてはいけない。自分がすごく無い。調子に乗ったらあかん。

自分はちっぽけな挑戦者やから。


自分が弱いとそれを忘れる。


それが1番怖い。

何かそんな気がした。

「勝ちに不思議あり。負けに不思議なし」by 野村克也n>

「絶好調の時にこそ自分を疑え」by星野仙一

ここからです。



関連記事

この記事へのコメントはありません。

社長ブログ

  1. カンボジアの市中感染

  2. カンボジア通信 3月2日版

  3. カンボジア通信 2月27日版

アーカイブ

月を選択してください