対価と報酬

報酬(成果)が欲しければ対価を支払うのは当たり前。

欲しがるばかりで対価を支払わない人が多いが、そういう方は事業家には向いてない。

1に払う。2に払う。3、4がなくて5に払う。報酬が出るまで払い続ける。

対価とは、時間、お金、趣味、娯楽、睡眠時間、衣、食、住、、、。

企業理念という目的を達成するために、事業計画という目標を定め、それをクリアするためにいろんなものを犠牲にし続ける。

「どこまでやれるのか?」

結局、自分に厳しくなければ勝ち抜けない。
なるべく負ける(妥協する)瞬間を限界まで後送りし続けるしかない。いつでも出来るその瞬間をいつやっちゃうかって事。

やはり大好きな言葉、「克己心」に行きつく。

何も事を成し遂げていない俺が、自分の趣味や娯楽に時間やお金をかける訳にはいかない。少なくとも今はそういう時。自分の中で様々な誘惑を自分自身にしてしまうが、「半端な成果の俺にはもったいない」と思う。

「ASEANの美容王になる」

そう決めたから一瞬を全身全霊で挑み続けたい。

そう、後々
「思えば、ずっと命がけだった」
なんて50代でセリフをはいてみたいから。

株式会社イルヴリール
代表取締役 加藤和則

iPhoneからの投稿

関連記事

この記事へのコメントはありません。

社長ブログ

  1. カンボジアの市中感染

  2. カンボジア通信 3月2日版

  3. カンボジア通信 2月27日版

アーカイブ

月を選択してください