超貧乏

小さい時は超貧乏。

普通にあるものが僕にはない。

いや、僕だけになかったこともある。

当然いじめられる方向へ。

打破するには打ち負かさないといけない。

そこから始まったいじめっ子人生。

しかし貧乏は続く。

貧乏を抜け出したい。

色鉛筆が欲しい。

飛び出す筆箱が欲しい。

いいそろばんが欲しい。

みんなと同じの体操服が欲しい。

おもちゃ?

そこまで思考が追いつかない。

でも母親はかなり頑張ってくれたと思う。

今だからわかる。

感謝!

だからこそ、今は母親の喜ぶ顔がみたい。

それが大事なミッションの一つ。

当たり前にあるものが無かったおかげで、僕はハングリー精神が旺盛。

「絶対負けたない」って気持ちはずっとある。

今という一瞬が過ぎ去っていき、もう戻らない。

自分にできることのベストを尽くしてるのか?

「絶対負けない」って気持ちを忘れちゃいけない。

この社会や景気にいじめられてはいけない。

「絶対負けない」

いじめっ子になる必要はないけどね。


関連記事

  1. SECRET: 0
    PASS:
    私は田舎の普通の家に産まれ、多少お金の苦労はありながらも身体能力も学力も少人数の中では優れている方で、あまり不自由なく、卒なくこなしてきました。しかし、何故かボディボードだけは才能がないのか、なっかなか上達出来ず始めた当初からみんなより結果が出せず悔しい思いをしてきました。でもだからハマってしまったのかも知れません。お互い目標に向けて突き進みましょう!!

社長ブログ

  1. カンボジアの市中感染

  2. カンボジア通信 3月2日版

  3. カンボジア通信 2月27日版

アーカイブ

月を選択してください