SWAYS運営委員のルール

sways運営委員にはルールがあります。

賞賛、感謝、評価を絶対に「欲しがらないこと」です。
その行為こそ、世界で一番ダサい自分を作るからです。

彼らは、皆ボランティアでsways運営を手伝ってくれています。
何かを僕から学びたいと思っていて、その一つが「欲しがらない事」から生まれるブランディングです。

サラリーマンの社会では逆に欲しがらないといけません。
評価が出世の重要な要素となり、給与に反映され、家族の幸せに繋がるからです。

しかし、起業家には不要です。
起業家志望にも不要です。
運営委員はボランティアですから、僕の評価も不要です。

運営委員で大事なのは、そんな無意味な評価より「感動を提供できるか?」という事。
そのためには、常にイベントの企画、実行、検証の精度をあげる意識、努力をする事。

「もういいだろう」はなく「まだやるべき事はないか」である。

まだまだの部分は盛り沢山で、すきあらばイベントに参加くださるお客様、イベントをお手伝いしてくださる方を感動どころか、不快にさせてしまう事がある。この辺は彼らの目標には必要なのでビシバシ行きたい。

ただ最近「欲しがる行為」は本当に減った。もし出たらひと言、間髪いれずに「欲しがるねぇ」と言いますよ(笑)

iPhoneからの投稿

関連記事

この記事へのコメントはありません。

社長ブログ

  1. カンボジアの市中感染

  2. カンボジア通信 3月2日版

  3. カンボジア通信 2月27日版

アーカイブ

月を選択してください