美人でいるための条件

●自分をキレイに扱う
 仮に美人じゃなくても美しく見える人は、なぜそう見えるのか?
 逆に美人なのに美しく見えない人は、なぜそう見えないのか?
 美人か否かの分かれ道はいろいろだが、ひとつだけ決定的なことを言うなら、 自分自身が自分を「美しいもの」として扱っているかどうか、 それで女は決まると私は思う。

●美の真骨頂は7対3
 私が街で振り返ってしまう女性はいつも決まって同じタイプ。
 清潔感と色気がきっちり7対3の女たちである。

●似合わないおしゃれ
 「似合わない色」にあえて挑むこと。
 たとえばそれがおしゃれなのかもしれない。

●究極のダイエット法
 最高のダイエット、それは心をヒマにしないことなのである。

●女の視力
 女性は誰かが人知れず美しくなったり、
 すっと音もなく魅力を増していくのを見逃さないもの。
 そういう女の視力が、また女を美しくする。

●コンプレックスは、ふたつにひとつ
 「バネにする」か「あきらめる」か、
 身体的コンプレックスは女にとって二者択一。

●魅力の循環
 内面は外見を変えるが、外見も内面を大きく変える。

●人は見ている
 人の見ていないところで輝く人にこそ、 じつはみんな熱い視線を注いでいる。
 人はどこかで見ているのだ。

(心を凛とする196の言葉より引用)


関連記事

この記事へのコメントはありません。

社長ブログ

  1. カンボジアの市中感染

  2. カンボジア通信 3月2日版

  3. カンボジア通信 2月27日版

アーカイブ

月を選択してください