あなたのために・・・

あっ、僕の価値観ですが、

「あなたのために」を連呼する人に限って、超「自分のために」であると思う。

実際すぐに一人目に浮かぶ人がいる。

この人は人目をはばからず、「あなたのために」を連呼し、自己中と自己満足の行動の結果がまずいと

「そんなつもりじゃなかったの」でその寸劇を終える。

上記の人の行動は僕にとってはまさに寸劇である。

良い反面教師になった。

そのうえでイルヴリールの感動マネジメントの骨子が出来上がっていく。

そもそも、「あなたのために」って単なるおせっかいだと思う。

頼まれたわけでもないのに、やってしまう行動だから、告げる必要がないのではないかな。

「さりげなく」の美徳、日本人らいしいホスピタリティを忘れてはいけないね。

それを「あなたのために」と告知した時点で寸劇となる。

TVでやっていた。

震災に対する「義援金」この「援」という字が曲者です。

応援してます→(私が)なんですよね。

本来の姿は「義捐金」だそうです。常用外ですが。

捐→捨てるという意味だそうです。

だから好きに使ってくださいという意味なんですって。

その人のことを思えば、捨てたと思ってる方が自由に使いやすいですよね。

今、どこにも配分されていない?義援金を早く、義捐金にして市区町村にもう渡しちゃって分けたらいいのに。

きっちり平等なんて無理やって。

それか各県の知事に渡して被災者のためにつかってくださいでええと思う。

実際住んでらっしゃる方が使い方を考えた方がいい。

温かいご飯、暖かい寝床が当たり前にある人が考えたってあかんって。

僕は、そう思うのです。


関連記事

この記事へのコメントはありません。

社長ブログ

  1. カンボジアの市中感染

  2. カンボジア通信 3月2日版

  3. カンボジア通信 2月27日版

アーカイブ

月を選択してください