カンボジア後記

今だから気づくこと。
これが10年前のサラリーマン時代なら絶対に気づかないと思う。

僕達は恵まれている。
たまたま生まれた場所が日本。
僕の幼少の貧乏伝などかわいいもの。

学校がある。
飯もある。
教科書もある。
だから、させられる。

カンボジアにはそれがない。
勉強したいのに出来ない。
お寺にいる小学生の低学年の子供達が流暢に英語を話す。
なぜか?
観光客に参拝の仕方を教えてチップをもらうためだ。

日本は住みやすい。
治安もいい。

国も甘やかしてくれる。
だから、凄く僕達はついているんだろう。

このツキを無駄にしないで欲しいと思う。
この国のシステムは腐っている。
教育、産業、政治、etc

人生は80年のゲーム。
もう折り返した。
あと半分。
悔いなく終えることが出来るか?
昔ボードゲームで人生ゲームをやった。
言い訳もしない。
リセットもしない。
誰かのせいにもしない。
だれない。
流さない。

自分の番が来た時に、
「今、一瞬がすべて」
と、ルーレットをワクワクしながら回した。

あの感じを僕は今も続けたい。
そう思うのです。


関連記事

この記事へのコメントはありません。

社長ブログ

  1. カンボジアの市中感染

  2. カンボジア通信 3月2日版

  3. カンボジア通信 2月27日版

コラムカテゴリー

アーカイブ

月を選択してください