すべては自分の中にある

「自分の後ろにあるもの、そして自分の前にあるものは些細なものである。自分の内部にあるものに比べれば」

— エマーソン(アメリカの思想家)–

今、自分がやっていることに対して、

「こんなことはやりたくない」

「私には他にやりたいことがある」

「こんなこと意味がない」、

などと思いながら取り組んでいるとしたら、それは、いつも『自分が望んでいないこと』をやらなくてはならないことになり、辛い時間になってしまいます。

覚えておいてくださいね。

『今の自分の思いや態度が、自分の未来を創る』のです。

何をやっている、やっていない、という問題ではありません。

本当にやりたいことがあるのだけど、事情で、今はできていないのなら、それはそれでも構わないでしょう。

ただ、心を、「自分が望まない方」ではなく、「自分の望む方」へ向けていればいいのです。

そうすれば、何をやっていても、今、目の前にあることのなかに、意味のあることを見つけることができるはずです。

今まで自分がやってきたこと、そして、今、やろうとしていること。

それがたとえ、充分満足できるものではないといしても、「大したことはない」と言ってしまえば、それまでです。

でも、心の方向を、少し定めるだけで、どんな小さなことでも、今までやってきたこと、今、やっていることとても大切な要素になるのです。それが、すばらしい自分の未来を創るのです。

さあ、「やってやろう!」と、自分の意思で背筋を伸ばして、今日も、前に向かって一歩ずつ進んでいきましょうよ。


関連記事

  1. SECRET: 0
    PASS:
    なんだか、観念が洗練されました!

    前向いて突っ走りたくなるような素敵な言葉をいつもありがとうございます!

社長ブログ

  1. カンボジアの市中感染

  2. カンボジア通信 3月2日版

  3. カンボジア通信 2月27日版

アーカイブ

月を選択してください